2022年06月06日

子壇嶺岳の花 その1

2022/5/24(火)
 青木三山の子壇嶺岳(こまゆみだけ)で見かけた花を紹介します。



↑ フタリシズカ
 林道脇に一杯有りましたが、咲き始めの状態。一部に花が付いていました。
1〜5本の花序が付くようですが、この辺りは名前の通り2本の花序が多かった。
※花序(かじょ)=花の配列状態
雌しべが白い雄しべに包まれていて、白い物が一つの花です。



↑ コゴミ
 林道脇に山菜で有名な「コゴミ」を見つけました。立派な立ち姿です。
写真には写っていませんが…この株の周囲には既に採られた跡が見られました。
全部採ると翌年に響くので、地元の方達は少し残して山菜を採取しているようですね。



↑ マルバウツギのつぼみ
 山道を登っていくと白いツボミが一杯。



↑ マルバウツギの花
 更に登って行くと、陽当たりの良い場所で咲いていました。



↑ ヤマブドウの葉
 林道脇に生えていたヤマブドウ、これからツルを伸ばしていくのでしょう。
posted by muutosan at 08:50| Comment(0) | 登山 関東甲信越

2022年06月05日

十観山の花 その2

2022/5/23(月)
 青木三山の十観山で見かけた花を紹介します。



↑ スミレ
 スミレは種類が多く、見分けが難しいです。
エゾノタチツボスミレかと思いますが…ツボスミレ or マルバスミレの可能性も…。



↑ チゴユリ
 まだまだ咲き始めの段階でした。一週間ほどしたらそこら中で見られる筈。
小さくて可愛らしい事から「稚児ユリ」。 花言葉は「恥ずかしがりや」「純潔」



↑ ジンヨウイチヤクソウ
 まだツボミの状態でした。ツボミの感じから「イチヤクソウ」と思われましたが、確認のために葉も分かるように撮影して調べたところ「ジンヨウイチヤクソウ」かと思います。
咲いている時に見たかった!



↑ ラショウモンカズラ
 下山途中の林道脇に咲いていました。花が終わりかけでした。
名の由来はこの花を、渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼女の腕に見立ててとの事。
posted by muutosan at 09:15| Comment(0) | 登山 関東甲信越

2022年06月04日

十観山の花 その1

2022/5/23(月)
 青木三山の十観山で見かけた花を紹介します。



↑ ヒレアザミ
 登り始めた林道脇に咲いていました。一瞬普通のアザミかと思いましたが、背が高く…しかも全身にトゲが有る重装備のアザミです。



↑ クサノオウ
 毛深い花です。草の王様かと思ったら「草の黄」とか「瘡の王」。茎や葉を切ると出て来る黄色い乳液(有毒)から「草の黄」、皮膚病の薬や鎮痛・消炎剤に」使う為に「瘡の王」。これも林道脇に咲いていました。



↑ カキドオシ
 どこにでも見られる花ですが、林道脇の道端に一杯咲いていました。
花が終わると茎が伸びて、垣根をすり抜けて隣地まで伸びていくので「垣通し」。



↑ ミミガタテンナンショウ
 マムシグサかと思いましたが、花を包む苞葉の淵が耳たぶのように張り出してたので、ミミガタテンナンショウと分かりました。



↑ オドリコソウ
 花期が終わりかけのオドリコソウ。これも林道脇に咲いていましたが、他は花が終わっていたのか…この株のみしか見つけられませんでした。
posted by muutosan at 08:54| Comment(0) | 登山 関東甲信越

2022年06月03日

信州割で田沢温泉へ

2022/5/23(月)〜24(火)
 本当は4月のゴールデンウィーク前に来る予定でしたが、当日の朝に37.1度の熱だったので大事を取ってキャンセルしました。
連休中は使えなかった信州割ですが、期間が6月末までだったので出掛けました。
※その後7月末迄延長された見たいです。



↑ 和泉屋旅館の夕食
 中央に大きな鯉の煮付け、結構大きな鯉です。
料理は一度に出るのではなく、色々と追加で出るので全部まとめて写真には撮れません。

和泉屋旅館さん…1泊2食付きで11、000円。1万円以上の宿泊で5千円割引ですから一人6千円で宿泊した事になりました。



↑ 和泉屋旅館の朝食
 丁度良い感じの朝食でした。
部屋は3年前に泊まったときと同じ部屋。月曜日なのにそこそこお客さんいました。
あまりお客さんと接触しないようにしているのか、細かな説明も有りません。
夕食後に…ふと気付いたコーヒーマシン。早速使って部屋に持ち帰りましたが、このくらいは説明して欲しかったなぁ…。



↑ 信州割クーポン券
 一人2千円使えるクーポン券。当日と翌日のみ利用可。
周囲に土産物屋など無いので、結局翌日に使い切るしかありません。帰りがけに「道の駅あおき」でしっかり使って来ました。
posted by muutosan at 10:18| Comment(0) | 旅行 関東甲信越

2022年06月02日

子壇嶺岳に登って来ました

2022/5/24(火)
 前日に青木三山の「十観山」に登って田沢温泉の和泉屋旅館泊。
翌日は以前にも登った「子壇嶺岳(こまゆみだけ)」に登ろうと…出掛けました。



↑ 田沢嶺裏コースの登山口
 林道の途中に鉄柵…しかも施錠有り、本当にここから登れるのか?
柵の両側に人が通れるスペースが有ったので、ここからスタート。



↑ 舗装されていない林道を登ります
 しっかり標識が有るので一安心。



↑ 展望の無い稜線を歩きます
 30分ほど林道を歩いたら山道に、山道を30分程で山頂に到着予定。



↑ 山頂の張り紙
 山頂の祠に貼って有りました。
地元の子供たちが、毎年初日の出でも見に登るのでしょうか。



↑ 山頂の祠
 山頂に飛び出すと明るくて暖かい。浅間山方面〜八ヶ岳方面まで見られました。



↑ 山頂からの眺め
 手前に、薪を燃やす穴でしょうか? ここで初日の出が拝める時間まで、薪を燃やして暖を取りながら待つんですね。
土地柄+標高も有るので…かなり寒い思いをするのでしょう。

※詳細はホームページをご覧下さい。
http://www.muutosan.sakura.ne.jp/2022_mt/22-0524komayumi.html
posted by muutosan at 10:28| Comment(0) | 登山 関東甲信越