2022年06月01日

5月のランニング

2022/6/1(水)
 4月後半に風邪を引いた影響で、鼻詰まりが続いていて走る事が出来ず。
結局5月8日からランニングを開始しました。目標の100kmなんとかクリア出来ました。



↑ ランニング途中で…
 ピンクのアジサイが結構並んで咲いていました。
5月は総計107.5km…17日走ったので1日平均6.3kmでした。
5月の総歩数は、524、218歩。1日当たり 16、910歩でした。



↑ ランニング途中で…
 こちらは黒目川沿いに咲いていた青いアジサイ。

posted by muutosan at 08:34| Comment(0) | マラソン・ジョギング

2022年05月27日

十観山に登って来ました

2022/5/23(月)
 長野県青木村に有る「青木三山」=夫神岳(おかみだけ)、子檀嶺岳(こまゆみだけ)、十観山(じっかんざん)ですが、十観山だけ登ってなかったので…今回登って来ました。



↑ 林道を歩き始めます
 田沢温泉に宿泊するので、旅館の駐車場に車を止めさせて貰っての山行。往復するのも面白みが無いので周回コースとしました。



↑ 林道歩きの途中で子檀嶺岳を望む
 子檀嶺岳=こまゆみだけ…難解な山名です。フリガナ無しでは絶対に読めない。1度登っていますが、明日は別ルートから登るつもりです。



↑ ツツジが咲く道を進みます
 まだまだ続く舗装された林道、暑さでへばってます。



↑ 頂上からの景色
 想像以上に広い山頂、青木村方面の展望がしっかり広がっています。
中央右側に見えるのが「夫神岳」。



↑ 十観山の山頂で
 小広い山頂の一角に山頂標識と三角点が有ります。



↑ 田沢温泉の「有乳湯(うちゆ)」
 田沢温泉の共同浴場、地元の人が結構通っています。大人200円…旅館で券を貰えるのですが、コロナ禍も有り…今回は入りませんでした。



↑ 有乳湯の脇には足湯も有り
 3年前に来ているのですが…この足湯に気がついていませんでした。
前回は旅館の温泉に入った後に行きましたが、シャンプー類が一切ありません。

※詳細はホームページをご覧下さい。
http://www.muutosan.sakura.ne.jp/2022_mt/22-0523jikkan.html


posted by muutosan at 15:20| Comment(0) | 登山 関東甲信越

2022年05月04日

4月のランニング

2022/5/4(水)
 先月同様…ランニングは週5日ほど、距離は6km前後で継続中でしたが…
後半風邪をひいてしまい…鼻水〜咳と長引いて、走る事が出来ませんでした。
4月は総計101.2km…17日走ったので1日平均5.9kmでした。
4月の総歩数を見てみると、451、459歩。1日当たり 15、048歩でした。

※連休前に久し振りに長野の温泉にでも行こうと予約をしましたが、当日37.1℃と熱が出たので…当日のドタキャン。当日キャンセルなので「キャンセル料金を振り込みます」と…電話を入れたら「キャンセル料金は要りません」との言葉。ありがたかったですね。
ゴールデンウィークの後に、また予約を入れようと思っています。



posted by muutosan at 15:03| Comment(0) | マラソン・ジョギング

2022年04月04日

高尾山で見掛けた花 その2

2022/3/24(木)
 高尾山で見掛けた花を紹介します。



↑ ヤマエンゴサクの花
 春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種。
丁度陽が当たってきれいでした。



↑ キブシの花
  春先、桜より少し早い時期に長さ5〜10pくらいの房状の花を、枝から下げるように咲かせる姿が特徴的で可愛い。



↑ ミヤマシキミのつぼみ
 真っ白な花を咲かせます。冬には赤い実が一杯付きますが有毒植物。葉、果実にアルカロイドのスキミアニンやジクタムニンがあり、葉に多く含まれるとの事。



↑ ジャノヒゲの実
 白い花が終わった後に見られる実、濃い青色がきれいです。



↑ ニリンソウのつぼみ
 つぼみと云っても花弁が無い植物なので、花弁に見えるのがガク。殆どのニリンソウは白いガクですが、この株は濃いピンクでした。



↑ キクザキイチゲの花
 これも「春のはかない草花」(スプリングエフェメラル)の代表的な早春植物。
花びらがが菊のような形で咲き、1本の茎に1輪をつけるので、菊咲一華と書く。
posted by muutosan at 09:46| Comment(0) | 登山 関東甲信越

2022年04月03日

高尾山で見掛けた花 その1

2022/3/24(木)
 高尾山で見掛けた花を紹介します。



↑ ユリワサビの花
 小さな花です。山麓付近に一杯咲いていました。



↑ ユリワサビのツボミ
 ハナネコノメに合わせて昨年より遅めに登ったのですが、ユリワサビの花の多くはほぼ満開。やっと見つけたツボミでした。



↑ シュンランの花
 咲く場所を覚えているので、この時期に登ると必ず見つけられる「シュンラン」です。



↑ シュンランの花のアップ。
 下向きの花なので、本当なら下方から撮るのですが、この株は足元の傾斜に有ったのでこの角度でしか撮れませんでした。



↑ ヤマルリソウの花
 ロゼット状に広がっているので、点々と咲いています。



↑ ヤマルリソウの花
 咲き始めはピンクですが、途中でルリ色に変わります。
殆どがルリ色なので、花のピークは過ぎていたのかも。



↑ タチツボスミレ
 高尾山はスミレの宝庫ですが、まだ時期が早いのか少なかったですね。



↑ ナガバノスミレサイシン
 葉が長いのが特徴。葉の形がウスバサイシンに似ていることから付けられた名前。
花が終わったら葉はさらに大きく育つようです。



↑ エイザンスミレ
 咲き始めの状態です。葉が分裂しているのが特徴です。


posted by muutosan at 08:10| Comment(0) | 登山 関東甲信越